HK       General Information and Communication Technology

Embedded System
組込みアプリケーション


アプリケーション   エンベデッド   インフラ基盤   エデュケーション   企業情報

家電製品、オーディオ機器、メカ制御など様々な所でコンピューターが使われています。
コンピューターと言ってもエンベデッド系(組込みソフトウェア)のソフトウェア開発では、マイコン(マイクロコンピュータ)を使用しているのがほとんどです。

エンベデッドにおける開発言語は、C言語を使用した開発がもっとも多いのではないでしょうか。またリアルタイムOS上で開発する場合もありますし、リアルタイムOSを使用しない開発もありますし、その場合によって、どのような知識を兼ね備えていなければならないか大変重要な要素になってきます。
リアルタイムOSを使用した開発の場合、タスク管理、メモリ管理などはOSがやってくれるので意識する必要はほとんど無いのですし、その分生産性も上がりますし細かな技術力を要する事も無いでしょう(リアルタイムOS自体を開発する場合は別ですが・・・)。また、ハードウェア知識に関してもそれほど知識を要する事も無く、仕様に専念出来るのが良い部分だと思われます。

ただ、ハードウェア⇔ソフトウェアのトレードオフというのは難しく、ハードウェア技術者は回路図上の仕様のみを追い続けソフトウェアに関心が無く、逆にソフトウェア技術者もソフトウェアの事だけ考えている技術者が多いと思います。

そこで私たちは、基本的にはソフトウェア技術者であるのですが、一方でハードウェア知識に関しても精通するような「⇔」役を目指してスキルアップを行っております。